Love from SACKBUT/宮下宣子 サクバットのページへようこそ!!

宮下宣子プロフィール

 

宮下宣子(みやした のぶこ Nobuko Miyashita)写真宮下宣子(みやした のぶこ Nobuko Miyashita)

 

 東京藝術大学音楽学部及び同大学院修士課程修了。在学中に安宅賞受賞。文化庁海外派遣研修員としてケルン音楽大学に留学、最優秀で卒業。
 第1回モーリス・アンドレ国際コンクール・アンサ ンブル部門入選。第49回毎日音楽コンクール金管楽器部門第3位。
 大学在学中より日本オーケストラ界初の女性金管奏者として新日本フィ ルハーモニー交響楽団に入団、現在に至る。

 

 フェリス女学院大学非常勤講師。日本トロンボーン協会理事。トロンボーンを伊藤清、ブラニミール・スローカー各氏に師事。

 

 一方、サクバットをフランク・ポイトゥリノ、シャルル・トゥート、古楽を濱田芳通各氏に師事。
 2010年日本人初のサクバット・リサイタルを開催、ソロアルバムCD「サクバットの決意」をキングレコードよりリリースしレコード芸術誌上高く評価される。
 作品のオリジナリティを追求するためサクバット、クラシカル・トロンボーン、テナーホルン、バスフリューゲル、ナチュラルトランペット、スライド・トランペットなど駆使した活動を積極的に行なっている。

 

 古楽金管アンサンブル「ANGELICO」アンジェリコ主宰。神に祝福された楽器サクバットの日本での普及に尽力中。

このページのトップへ↑